肩こり

腰痛と勘違いされる病気

医者

脊柱管狭窄症は、腰痛と混同されてしまう事もしばしばありますがまったく別物の病気です。この脊柱管狭窄症は、背骨の中を神経が通っているのですが、腰などの骨が何らかの理由により変形してしまい、その結果として背骨の中を通っている神経を圧迫してしまい痛みを生じてしまう病気のことです。そのため、一般的に腰痛と考えてしまいますが、そのまま放置してしまうと思わぬ症状を招きます。治療する際には、外科的手術が必要な事もあり、しっかりとした診断が必要となるため、整形外科などの専門医への受診が必要です。初期段階での症状は、腰の痛みとなりますが進行すると足への症状が出現して、歩けなくなるケースもあります。その他にも排尿障害などの症状も見られるようになる事もありますので、脊柱管狭窄症では、適切な治療が必要です。

この脊柱管狭窄症には知っておくべき症状への知識があります。初期の段階は、腰の痛みなどですので、腰痛と勘違いしてしまいますが腰よりも下への症状が感じられるようになると治療が必要です。神経を圧迫するために痛みを止める鎮痛剤などの服用を行いますが、重症化すると外科的な治療も必要になります。典型的な症状として知られるのが、「間欠歩行」です。歩いていると症状がひどくなり、身体を前かがみにして休むと軽減し歩く事が出来るのです。この脊柱管狭窄症の原因は、神経が通っている脊柱管という部分が骨の変形などにより狭くなる事で起こりますので、それが自然に改善することは殆どありません。外科的手術により、細くなった部分を広げて神経の圧迫を解除する必要があるのです。

回復を早めるために

医者

病気を治すうえで、多くの場合、服薬が必要不可欠です。最近では、薬にも味や形態などで様々な工夫がされています。また、服薬が負担にならないよう、助けとなる服薬補助食品なども開発されて広く使用されています。自身や家族にとって飲みやすさを追求することは病気回復につなげる意味でも大変重要です。

読んでみよう

胆嚢がん治療方法

病棟

胆のうがんは、腹腔鏡手術や開腹手術をしなければ科学療法だけでは完治しません。進行の程度や癌の形態に併せて、治療が判断されます。胆のうがんの予防方は、毎日の食生活を規則正しくし、適度な運動で体を動かし、肥満にならないようにすることが大切です。

読んでみよう

体の健康を保つ

看護師

横浜では、定期的に人間ドックを行う病院が多く有ります。色々な検査がある中でも、胃カメラ検査は絶対に欠かせないものです。胃や腸等の内臓を直接見られるので、腫瘍、炎症などの病変をすぐに発見できます。今では検査で苦痛がないように配慮されているので、気になる方は受けてみると良いです。

読んでみよう